注文住宅や建売などいろんな選択肢

今住んでいる家を選んだ理由

子供の進学を機に

子どもの進学を期に注文住宅を建てました。

家を買うに当たり、注文住宅や建売などいろんな選択肢がありましたが、やはり間取りなどの自由度や耐震・免震などの点で安心ということもあり、ハウスメーカーの注文住宅に決めました。

注文住宅というと、数々のハウスメーカーを決めることから始まり、間取り、外構を決め、壁紙の種類、設置家電の種類、照明の種類、カーテン、ブラインドなどなど…決めることが盛りだくさんです。

最近では窓の種類も防犯・防炎などいろいろあって。それだけ自由度が高いということで魅力でもありますが、打ち合わせを重ねるうちに訳わからなくなってしまった時期もありました。

ハウスメーカーの営業さんはもちろん、建築士の方やインテリアアドバイサーの方などからいろいろとお話を聞いて、順番にひとつひとつ決定していったという感じです。

キッチンやバスなどは機能が充実しているものばかりで、どのメーカーにするかとても迷いました。キッチンでは対面とかアイランドとか、トイレではタンクありとかリモコンありなど、タイプを決めてしまったあとは直感で決めたようなところも。

もちろん、予算の関係もあるので優先順位の低いものは削って行ったり、後で自分でできそうな庭木などは取り消したり。逆に、「この隙間に入る収納が欲しい」というときにはぴったり無駄のないものを作ってもらえるのでその点はよかったなと思います。

特注扱いになるのでそれなりに値は張りますが、オーダーでつけてもらった収納は、見栄えもよく気に入っています。

住まい・不動産の情報はこのホムペでチェック

Copyright (C)2018今住んでいる家を選んだ理由.All rights reserved.