定年退職したら住みたい家

今住んでいる家を選んだ理由

定年後に住みたい家

「定年退職したら住みたい家」というと、「田舎でのんびり暮らせる家がいい」という話をよく聞きます。

確かに、都会は騒々しくてゆっくりできませんが、私は都会のほうが、何でも揃っていて便利なのではないかと思います。

歳を取ると、やはり病気も気になります。
そういった面でも、都会のほうが病院も沢山あって、急に具合が悪くなってもすぐに行けるという安心感があります。

しかし、やっぱり騒がしいのは落ち着きません。

以前道路沿いに住んだことがありますが、車の音がうるさくて、テレビの音が聞こえないということがよくありました。

ですから、住むなら何でも揃っている都会にある、高層マンションの騒音が聞こえない上の階。
または、都会から少し離れた一戸建てが私は理想的です。

「自給自足できるような生活がしたい」という方もいます。
私は子供の頃に、祖父母が農業をしているのを見てきましたが、本当に好きな人じゃないと、続けられないと思います。

私は、都会の便利さから離れられないような気がします。
Copyright (C)2018今住んでいる家を選んだ理由.All rights reserved.